話題のnlpとは|コミュニケーションが上達する

需要が高まる国家資格とは

大学生

資格取得までの道のり

社会福祉士は、体や心に障害がある方や経済面で助けが必要な方たちの相談にのってアドバイスを行う職業です。また、援助を必要とする方と行政機関の橋渡しのような役割もしています。社会が複雑な構造になっていることから今後も必要とされる仕事です。社会福祉士は社会福祉士国家試験に合格しなければ社会福祉士と名乗ることができません。目指すには様々なルートがありますが、最終的には国家試験に合格しないと資格取得はできないのです。目指している人が高校生の場合は4年制の福祉系の大学で指定された科目を履修し国家試験を受けるのが最短ルートになります。同じような福祉系の大学であっても指定科目を履修していない場合は、社会福祉士の養成施設で半年から1年間研修を受け国家試験を受けます。新潟には社会福祉士を目指すための福祉系の大学があります。新潟の大学には北陸や長野などからも入学して勉強しており、国家試験に合格した人は新潟の各施設に就職する人もいますし関東地方に出ていく人もいます。新潟の社会福祉士の専門学校に入学した場合は指定科目を履修したあと1年程度の実務経験を積んで国家試験を受けます。福祉系でない大学や短大を卒業後に社会福祉士を目指す場合は社会福祉士を養成する施設で研修し、国家試験を受けることになります。また、大学や短大、専門学校とは関係なく福祉施設で4年間の実務経験がある方は、社会福祉士養成施設で研修を受けて国家試験を受けます。このように様々なルートで目指すことができるのです。