話題のnlpとは|コミュニケーションが上達する

言葉や口腔の専門職に

カウンセリング

多様な養成と学生就職

言語聴覚士になるためには養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。養成学校は学歴等によって様々な入学条件と就学期間があります。高卒で入学できるところ、大卒者を対象としたところ、「指定科目」を履修した人を対象としたところなどがあります。就学期間も1年制から4年制まで様々です。養成学校選びの際には、まず自分がどの入学条件に当てはまるのかをよく調べる必要があるでしょう。特に、「指定科目」を履修した人を対象とする養成学校の場合は科目を全て履修できているかどうかも調べておく必要があります。言語聴覚士は医療系のリハビリテーション専門職の一つです。養成学校卒業・資格取得後の就職先や勤務先としては、多くは病院等の医療機関、そのほかには福祉施設における高齢者や障害者の言語や口腔機能に関するリハビリテーション、障害児の療育などに従事することなどが例として挙げられます。言語聴覚士の活躍の幅は広く、また様々な年齢層の人を対象にすることが多いです。養成学校では言語聴覚士に必要な知識・技術の習得はもとより、様々な対象者に安心してリハビリテーションを受けてもらえるための素養として相談援助に関することも学びます。つまり心理学や社会福祉に関する科目もあり、単に知識・技術だけを得るわけではないことには理解が必要でしょう。また、養成学校には社会人を経てから言語聴覚士への転職を目指して入学する人も少なくありません。学生の年齢層が比較的幅広いことも特徴的でしょう。