話題のnlpとは|コミュニケーションが上達する

関連資格も取得できる

大学生

移乗介助など実習も多数

新潟県は社会福祉士の学校が充実しているエリアです。具体的なカリキュラムは学校によって異なりますが、最近の傾向として新潟県の社会福祉士の学校カリキュラムは2つの点で共通しています。まず1つ目は、社会福祉士はもちろん、他の関連資格も取得しやすいカリキュラムになっていることです。福祉の現場では、複数の資格を所有していると活躍の場が一気に広がります。実際に現場デビューしてから資格取得を目指すより、在学中に社会福祉士になるのに役立つ他の資格も取得できれば、就職の際、選択肢が一気に広がります。また、知識面はもちろん、実際の現場でスムーズに働けるよう、カリキュラムに実習授業を多く組み込んでいる学校が大半です。新潟県では介護関連の働き手の需要が高く、即戦力になる人間は重宝されます。そのあたりの事情も学校側は熟知しているので、実習に力を入れています。福祉の現場で必ず役立つ車椅子のサポート方法、ベッドから車椅子へ身体を移動させる時に必要な移乗介助スキルなどを在学中にしっかりマスターできるカリキュラムになっています。また、最近は心理学などの授業も多く採用する新潟の学校が増えています。コミュニケーションスキルも大切なので、話しかけ方や人間関係の構築法など、人間の心理の基礎と応用を学ぶカリキュラムも欠かせません。その他、栄養学を学ぶ授業や音楽療法など、各学校独自の多彩なアプローチでカリキュラムが組み立てられています。